外国人技能実習生

外国人実習制度の目的

○日本が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある

 発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等へ

 の移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に

 協力することを目的とした制度


外国人技能実習制度の概要

○技能実習制度は,国際貢献のため,開発途上国等の外国人を日本

 で一定期間(最長3年間)に限り受け入れ,OJTを通じて技能

 を移転する制度。(平成5年に制度創設。改正入管法が施行され

 た平成22年7月より現行の仕組み。)

 

○技能実習生は,入国直後の講習期間以外は,雇用関係の下,労働

 関係法令等が適用されており,現在全国に約21万人在留してい

 る※平成28年6月末時点


詳細はセミナーにて

 セミナー内容

 ・制度の詳細

 ・採用までの流れ

 ・採用に係る費用